バリムービー

面白い映画まとめサイト

海外ドラマのサイコパス作品をご紹介

   

サイコパス系の海外ドラマは、そんなに多くありません。

そこで今回は、“これを見れば間違いない”といわれる海外ドラマのサイコパス作品を2本ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハンニバル

出典:U-NEXT「ハンニバル」

キャスト 制作国 制作年
マッツ・ミケルセン
ヒュー・ダンシー
アメリカ 2014年〜
エピソード ジャンル 動画配信サービス
3シーズン
(39話)
サスペンス
サイコスリラー
U-NEXTにあり

見どころ

このドラマで描かれるサイコパスは「人食い」です。

主人公は「他人に共感できる能力」を持ち、その力を使って事件の犯行を暴いていきます。

その捜査に協力するのが、狂気の精神科医ハンニバル・レクターです。

このハンニバル・レクターがかなりヤバイ人物で、殺人を犯すわ、殺した人を食べるわと、とにかく狂っています。

しかも、表向きは天才精神科医として信頼を得ているところがポイント!

「もしかすると、身近に潜んでるのかも?」と思わせるため、視聴者をゾッとさせます。

豪華すぎる俳優陣にも注目!

内容の良さはもちろんですが、俳優陣にもぜひ注目していただきたいです。

まずハンニバル・レクターを演じるマッツ・ミケルセンですが、

  • 007 カジノ・ロワイヤル
  • タイタンの戦い
  • 悪党に粛清を
  • ドクター・ストレンジ

など数々の人気映画に出演しています。

中でも007 カジノ・ロワイヤルにて演じた悪役「ル・シッフル」では、主役を食いかねないほどの好演でした。

それほど演技力のある彼のハンニバルですから、きっと誰が見ても満足できるずです。

他にも

  • ローレンス・フィッシュバーン
  • ジリアン・アンダーソン
  • リチャード・アーミテージ

などなど、脇を固める俳優陣にもぜひ注目してください。

ベイツ・モーテル

出典:U-NEXT「ベイツ・モーテル」

キャスト 制作国 制作年
ヴェラ・ファーミガ
フレディ・ハイモア
アメリカ 2013年〜
エピソード ジャンル 動画配信サービス
5シーズン
(50話)
サスペンス U-NEXTにあり

見どころ

このドラマで描かれるサイコパスは「人殺し親子」です。

主人公のノーマン(高校生)は、母親ノーマと一緒に田舎町へ引っ越してきて、地元のモーテルを買い取り経営します。

ところが、あるトラブルをきっかけに殺人を犯してしまい、親子の狂気が暴走していく様を描いています。

「なんだ、ただの殺人系か」と思いませんでしたか?

ネタバレ回避のため深くは言えませんが、見ればヤバさがわかります。

後ほど説明しますが、主人公の母親ノーマがかなり危ない人物で、普通の殺人鬼の比じゃありません。

もちろん息子ノーマンもヤバイです。

この親子の“危険度合い”は、色々と聞くより1度見てしまった方が早いですし、見るとわかるはずです。

「あぁ、これヤバイやつだ」と。

こちらも俳優陣が豪華すぎる!

ハンニバルもですが、こちらも負けず劣らずの俳優が出演しています。

まず狂気の母親ノーマを演じるのは、アカデミー賞にノミネートされたこともあるヴェラ・ファーミガです。

役は脇役から主役まで、ジャンルはSF・恋愛・ホラーなど、何でもマルチにこなします。

その演技力を活かしたノーマ役は、見て損はないでしょう。

他にも、

  • フレディ・ハイモア
  • ニコラ・ペルツ
  • ネスター・カーボネル
  • マイク・ヴォーゲル

など、名前の売れた俳優ばかりなので、キャストは映画級です。

ここまでキャストの豪華なドラマは他にないため、それだけでも見る価値はありますよ。

スポンサーリンク

2作品の違いは?どんな人におすすめ?

「殺人を犯すこと」以外は、動機、背景、取り巻く環境など一致しません。

なので、ほとんど違います。

どことどこが違うなど、明確な違いを説明するのは難しいというか、説明のしようがありません。

ただし、どちらとも特徴があるので、どんな方に合うかをご紹介したいと思います。

静かな怖さを求めるなら「ハンニバル」

じわじわくる怖さを求めるなら、ハンニバルがおすすめです。

ハンニバルに登場するサイコパス「ハンニバル・レクター」は、表向きは紳士で完璧な男性を演じています。

しかし、その裏では人肉を食し、恐ろしいことを考える危険人物です。

この裏表のギャップ、それを見事に表現しているマッツ・ミケルセンの演技が、見る者をゾッとさせます。

段々と怖さが増していく作品が見たい方は、こちらで間違いないでしょう。

圧倒的な狂気を求めるなら「ベイツ・モーテル」

圧倒されるほどの狂気を楽しみたい方は、ベイツ・モーテルを選んでみてください。

ノーマン・ベイツが主人公ですが、それよりも母親のノーマがヤバイです。

「狂ってる」という言葉がピッタリなほど、狂気じみた危険人物として描かれています。

しかも、そのノーマを演じるヴェラ・ファーミガの演技が上手すぎるので、鬼気迫るものがあります。

「うわぁ。。。」と引くほどストレートなサイコパスを求める方はぜひ。

>>ベイツ・モーテルについてもっと詳しく見る

まとめ

サイコパス系が見たいなら、「ハンニバル」と「ベイツ・モーテル」の2作品を見ておけば間違いないです。

この2作品ほど面白く、豪華なサイコパスドラマはありません。

静かな怖さを求めるなら「ハンニバル」、圧倒されるほどの狂気を求めるなら「ベイツ・モーテル」がおすすめです。

※U-NEXTで配信されている作品は2018年4月2日時点の情報です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 - 海外ドラマ